巨人3-3ヤクルト リーグ連覇おめでとう!

こんにちわ。とーむです。

今日は2020年10月30日20回戦巨人-ヤクルトの結果をお伝えしていきます。



12345678910
ヤクルト00101001003
巨人00200100003

一年間の集大成。リーグ連覇お疲れさまでした。

ついにこの日が来ましたね。コロナウイルスで開幕が延期という異例のシーズンでしたが、順調に勝ち星を伸ばしてきたジャイアンツ。

最後こそ五連敗とチームが波に乗り切れませんでしたが、全体をみると独走での優勝でした。

今日の試合を振り返ります。

先発今村で始まった今日の試合。粘りのピッチングでしたね。

3回に廣岡にライトスタンドへホームランを打たれたものの6回を2失点にまとめて試合を作ってくれました。

ストレートも走っていたし、もし日本シリーズでの先発があるなら、今日のようなピッチングをしてほしいです。

打線は目には目をというか、3回にホームランを打たれた直後、四球で出塁した松原を一塁に置いて岡本がレフトスタンドへ技ありのホームラン!

タイトル争いも一歩リードとなる貴重なホームランで逆転に成功しました。

その後は一度追いつかれた後大城のタイムリーで再び逆転したんですが、抑えのデラロサがまたも追いつかれてしまいます。

最近デラロサは元気がないので、日本シリーズまでには調子を上げてほしいですね。

高梨、ウィーラーといったトレード移籍の選手が活躍。

今年はトレードを活発におこないそれが成功したシーズンでした。

ウィーラーはレフト、ファーストを主に守りホームランも10本以上打ってくれて、チームに勢いをつけてくれました。

またそれ以上に活躍したのが高梨です。

一時期は防御率0点台をキープしていて、中川とともに試合終盤を締めてくれました。ほんとなんでこんな選手が取れたんだろうかというぐらいのナイストレードでした。

気になるのはタイトル争い。

今日のホームランで本塁打、打点の二冠王に近づいた岡本ですが、残すところ10試合を切りました。

村上、大山が追っていて他球団はもう優勝の可能性はないので、タイトルを取らせようと後押してしくると思います。

巨人は日本シリーズがあるので原監督だから、タイトルよりも調整を優先してくるのかな?どうなんでしょう。

岡本にはここまできたらぜひ二冠を取ってもらいたいですね。

日本シリーズで去年の悔しさをぶつけてほしい。

去年は日本シリーズ4連敗とソフトバンクに圧倒されてしまったジャイアンツ。

今年もソフトバンクが出てくる可能性が高いので、去年のジャイアンツとは違うぞというところを見せてください。

以上巨人3-3ヤクルト リーグ連覇おめでとう! でした。

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA