個人的に超オススメなミスチルの隠れた名曲10選

こんにちわ。とーむです。

私がミスチルを好きになったのは小学校の時、友達がミスチルを知っていて教えてもらったのがきっかけです。

友達の影響を受けて聴き始めたミスチルですがかれこれ20年近く聴いています。

私が聴き始めたのは2002年から。

今回はそんな大好きなミスチルに対する敬意や熱い気持ちを記事をランキングにしてみました。

申し訳ないのは2012年以降はあまりCDを買っていないので最近の曲はランクインしていないこと。

ミスチルファンからすれば聴けよと言われそうですが、すみません時間を見つけてCD買ってきますはい。

多分ランキングも2002年から2012年に偏ると思います。

なので温かい目で読んでください。それではランキングスタートです。

※公式動画があるやつは載せられましたが、残念ながら動画がないものもあります。ぜひCDを買って聴いてみて下さい。

10位…ロックンロールは生きている

アルバムSENSEに入っている曲。ミスチルの曲はバラードにいい曲が多い気がするのですが、この曲はロック調でミスチルの曲の中でも特殊な部類だと思います。

「慌てないで ほら1、2の3の きっかけで飛ぶんだ清水の舞台」など自殺願望があるのか?と思うような曲です。まあそこが面白くて好きなので10位にしたのですが(笑)

9位…擬態

これもアルバム「SENSE」の2曲目に入っている擬態(ぎたい)です。アルバムSENSEを代表する曲で、ベストアルバムmacroにも収録されています。

イメージで言うと青なんですが、すごく聴きやすい曲です。どちらかというと明るい歌かなと。

発売が2010年なのでもう10年前の曲ですか…

でもいい曲なのでぜひ聴いてみて下さい。

8位…Simple

この曲を初めて聴いたのは中学校の給食中でした。誰かがミスチルの曲を流していてミスチルに詳しい友達に聞くと、

「DISCOVERYl」というアルバムに入っていると教えてくれて持っている友達がいたので借りてMDに入れました。

今はもうMDなんか使っている人は少ないと思いますが、当時はお年玉でMDが使えるコンポを3~4万円くらいでかったの覚えています。

曲はしんみりとしたテンポの曲で最初に聴いた時「10年先も20年先も君と生きれたらいいな」というのが印象的でした。

バラード好きにはおすすめの一曲です。

7位…東京

アップテンポなんですがなんか切ない曲なんですよね。だけど最後はプラスのイメージにもっていくというか。

アルバム「SUPERMARKET FANTAY」に収録されていて、東京出身の人や、東京で仕事している人はものすごく心に刺さる曲だと思います。

SUPERMARKET FANTAYは自分が大学1年の時に発売したアルバムなのですが、一人暮らしをしていてこのアルバムに勇気をもらっていました。

6位…I’LL BE

アルバムとシングルとでテンポが違う曲なのですが私はシングルの方が好きで、アルバムのほうはあまり好きではありません。

今回載せてある動画は好きなシングルバージョンです。

Simpleの話の続きになるのですが、アルバム「DISCOVERYl」を友達に借りて最初に聴いたI’LL BEはアルバムバージョンだったのですが、すごくスローペースな歌であんまり好きになれませんでした。

しかし友達にシングルバージョンがあるよと教えてもらい聴いてみると、アルバムバージョンと全然違くてこちらの方がとても好きだと思いました。

CDの売上的にはいまいちだったらしいのですが、そこが逆に隠れた名曲っぽくなっている気がします。

5位End of the day

桜井さん曰く「どんな人の上にも太陽は昇り素敵な未来が来る」という願いが込められた曲です。誰にでも失敗はあるし、そんな失敗をプラスの力に変えようとしてくれる曲です。

この曲は「祈り ~涙の軌道」「pieces」とともにトリプルA面として発売されています。

アルバム「an imitation blood orange」の中に収録されています。

日常に疲れてしまった人に聴いて欲しい一曲です。

4位…通り雨

タイトルが普通すぎてこれが名曲?って気がしてしまいますが、何回も聴くとじわじわとこの曲の良さに気づいてくると思います。

この曲を聴くと作詞作曲の桜井さんてすごくよく日常を観察しているし、満喫しているんだなと私は思います。

私自身が前向きな曲が好きというのもあるんですが、通り雨って降らなければいいのにと思いがちじゃないですか?

そこを歌詞にしてしまう頭の柔らかさというか、すごいセンスしてるなと感心してしまいます。

アルバム「HOME」に収録されていて当時私は高校生だったのですが、その時より今聴くとこの曲いいなってなりました。

3位…シーラカンス

ここからTOP3に入りますね。ここら辺はもう隠れた名曲といいつつ隠れてない気もしますが(笑)

アルバム「深海」に収録されています。

高校生のころミスチルのアルバムを集めようとブックオフで買ったアルバムに入っていました。

曲とはずれてしまうのですが、このころはアルバム「Atomic Heart」や「BOLERO」や「Q」など自分がミスチルを知る前に発売されていたアルバムを買い漁っていて、アルバム曲のためだけにCDを集めていました。

それだけミスチルにのめりこんでいて、今思えば「ベストだけ買えばよくない?」と思ってしまいますがファンとして一曲でも知らない曲があるのは嫌だったというかそんな時期がありましたね。

話を戻すと、シーラカンスはどちらかというと暗い印象の曲なんですがその世界観が好きで、ミスチルに興味があるならぜひ聴いて欲しいです。

2位…彩り

アルバム「HOME」の代表曲で、自分の存在意義というか、どんなちっぽけな仕事でも誰かの役に立っているんだと思えるような歌詞になっています。

ベストアルバムMr.Children 2005-2010 <macro>にも収録されているので聴いたことがある人も多いのではないでしょうか。

「僕のした単純作業がこの世界を回り回って まだ出会ったこともない人の笑い声を作ってゆく」

これがほんとならほんと素晴らしいですよね。そう信じて毎日仕事頑張ろうと思えてきます。

1位…overture ~ 蘇生

1位に選んだのはアルバム「IT’S A WONDERFUL WORLD」に収録されていて、ベストアルバムMr.Children 2001-2005 <micro>にも入っている蘇生を選びました。

まじでこれはミスチル好きなら絶対の絶対聴いておいてほしい曲です。

「でも何度でも何度でも僕は生まれ変わって行く そしていつか君と見た夢の続きを」

ほんとまじそれ!というか大人になっても夢を持ち続けたいと思えますよね。

この曲がベストアルバムにも入っていていろんな人が聴いているんだなと思うと、すごい影響力を持った歌で、なんというかとても嬉しい気持ちになります。ミスチル好きでよかったーと思えます。ミスチルに感謝!!

まとめ

今回は隠れた名曲ということでなるべくシングル曲ではなくアルバム曲やB面の曲を選んでみました。

本当はもっと入れたい曲もたくさんあるんですが、10曲選ぶとすれば?ということを念頭に置いて記事を書いてみました。

今度機会があれば、学生の頃の思い出をもっと話せるような題材でミスチルのシングル曲をまとめてみるとかしてみたいなと思いました。

この記事がたくさんの人に見てもらえたら嬉しいなと思い締めとさせていだきます。

以上個人的に超オススメなミスチルの隠れた名曲10選 でした。

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA