巨人10-3広島 直江粘りの投球。坂本3安打。

こんにちわ。とーむです

今日は2020年9月21日13回戦巨人-広島の結果をお伝えしていきます。



123456789
広島2000000013
巨人11130301x10

先発直江が粘りのピッチング。先制されるも試合作る。

巨人先発は高卒2年目の直江。初回にヒット、ホームランで2点を先制される苦しい展開でした。

しかしそこから粘りのピッチングで5回途中まで投げ切りました。

最後は四球、死球で交代となり初勝利を逃しましたが次回も期待できる内容だと感じました。

初回はストレートが高めに浮いて打たれましたがそこからは変化球を効果的に投げてました。

同じ高卒2年目の戸郷が頑張っているなかこの直江がライバルとしてチーム内で切磋琢磨するとさらにチーム力が上がると思います。

5回はその後大江が四球を出しましたが、鍵谷が長野、鈴木を連続三振を仕留めてピンチ脱出。今日は個人的なヒーローは鍵谷だと思います。

松原、中島がホームラン。九里は2ホームランに沈む。

初回に2点はとられましたが、その後打線が4回まで毎回得点。直江を強力に援護しました。

広島先発の九里も失点は4回以外は1点ずつと粘られていたんですが、4回の中島のホームランをきっかけにこの回3得点。打線が最近冷えていたのでナイス得点でした。

6回にも吉川尚、パーラ、坂本、岡本の連打で3得点。ここで試合を決めました。

岡本、坂本は最近休む試合もあったので、今日のように活躍してくれてホッとしました。

明日は菅野。12連勝に期待。

明日の先発は菅野。自身11連勝中で、前回は少し不安定な内容でしたがどのように修正してくるか楽しみです。

広島の先発は遠藤。広島期待の若手の1人ですが、今日のような打撃ができれば勝ちに近づくと思います。

以上巨人10-3広島 直江粘りの投球。坂本3安打。でした。

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA