しょぼい起業とは?

この記事では「しょぼい起業で生きていく」という本を紹介します。

普通の起業と何が違うの?と思いませんでしたか?

著者が実際に行っている「しょぼい起業」がどんなものなのか紹介したいと思います。

しょぼくない起業としょぼい起業の比較

しょぼくない起業で考えるのが

・綿密な経営計画練る

・立地のいいところにオフィスを借りる

・バイトを雇う

などなどがあると思います。

しょぼい起業ではこれら全部いらないそうです。

ではしょぼい起業とは何なのか?いうなれば「てきとう自営業」です。

本の中では農業に例えて紹介されているのですが最初から一攫千金を狙わないということです

日常的に消費する野菜の生産をすると買うお金が浮きますよね?

支出を抑えるということは収入が増加することと同じです。

そして作った野菜でもし余ったりしたらそれを売るという考えが「しょぼい起業」にはあるみたいですね。

最初から大量生産するのはリスクが高いのでしょぼい起業ではやりません。

「えらいてんちょう」とは?

著者のニックネームがえらいてんちょうというみたいです。

著者の考えとして効率よく生きるべき、楽に生きるべきというのが本を読むと伝わってきました。

でもお店を何店舗か出したりするにはやっぱり勇気も必要だったと思うし

失敗もたくさんあったとおもうんですよね。

本の中にはえらいてんちょうと他2人の対談もありますよ。

まとめ

自分の思っているのとは違う起業の考え方を知れて大変参考になる本でした。

続編が出たらぜひ読みたい本です。

以上しょぼい起業とは? でした。

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA