(高校数学書評)沖田の数学I・Aをはじめからていねいに

沖田の数学I・Aをはじめからていねいにとは

東進ブックスから出ている参考書です。

全3冊で

・数と式 集合と論証 2次関数編

・図形と計量 図形の性質編

・場合の数と確率 データの分析 整数の性質編

に分かれています。

本の特徴

講義形式で内容が進むようになっています。

東進の映像授業を再現した参考書ですね。

基礎的な内容からセンター試験(大学入試共通テストに変わると思います)を攻略する内容になっています。

なので数学に苦手意識を持っている人向けだと思います。

問題数は網羅系参考書の青チャートみたいに多いわけではないので

長所は問題数が少なく簡単なので挫折しにくい

短所は演習量が少ないので他の参考書もやるべき

というところだと思います。

数学Ⅱ・B、Ⅲの参考書は存在しない

この本の注意点として今のところI・Aの続編がでていないことです。

同じ講義形式の参考書

マセマの初めから始めるシリーズは全範囲あるので

一貫して同じ人から学びたい場合はマセマを選ぶといいでしょう。

まとめ

数学に苦手意識を持っている人向けと書きましたが

能力が高い人も時間に余裕があれば手に取ってみることをオススメします。

新しい発見があるかもしれませんよ。

以上<高校数学書評>沖田の数学I・Aをはじめからていねいに でした。

ブログランキング・にほんブログ村へ応援クリックをお願いします


Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA