(2020年本屋大賞)流浪の月を読んで

読み終えた感想

非常に読みやすい小説でした。小説を読む習慣のない私なのですが

読み始めて4日程度読み終えることができました。

内容の方は恋愛のようで恋愛じゃない…というような感じです。

読むごとに内容に引き込まれてどんどん次が読みたくなり

めずらしく読む手が止まりませんでした。

小説を久々に読もうとしている人におすすめ

ページ数もそこそこあり読みごたえがあります。

私みたいに小説を買っても

結局読まないことがある人などにおすすめでき小説ではないでしょうか。

なぜこの小説を読もうとしたのか

仕事の上司と話す機会があり

おもしろっかった小説を何個か紹介してもらったのですが

その中でこの本がたぶん読みやすいよと紹介されたので

この小説を選びました。

まとめ

この小説を読んだから次も読んでやるぞ…とはなりませんでしたが

買って良かったと思いました。

以上<2020本屋大賞>流浪の月を読んで でした。

ブログランキング・にほんブログ村へ応援クリックをお願いします


Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA