(中学数学書評)最高水準問題集について

最高水準問題集とは

今回紹介するのは「トップクラスをめざす!最高水準問題集」という中学数学の問題集です。

文英堂さんが出している本でこの上位互換に「最高水準特進問題集」というのもありますよ。

最高水準問題集の特徴

良いところは学年別、合計3冊に分かれているところです。

例えば1年生の勉強が終了して難しい問題にチャレンジしたいというときに

学年別に分かれているので挑戦しやすい問題集です。

基礎の問題は無く標準、応用で問題が構成されています。

実際に解いてみた

めっちゃ難しいです!

有名私立高校を目指したりしない限り正直手を出さなくていいかも(‘_’)

標準問題はある程度は解ける気がするが、標準と言いつつ難しいのも混じってました。

別冊の解説も自分の能力不足もありますが正直物足りないな…と思いました。

本当に「数学が得意だ!!」と言い切れる人が取り組むべき問題集に感じます。

最高水準特進問題集はこれより難しいということですから恐ろしいです。

まとめ

・数学でトップクラスを目指す人におすすめ。

・一般の公立高校向けの問題集ではない。

・受験勉強していて時間に余裕がある人は取り組んでもいいかも。

以上<中学数学書評>最高水準問題集について でした。

ブログランキング・にほんブログ村へ応援クリックをお願いします


Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA